So-net無料ブログ作成
検索選択

2015 Jリーグから明治安田生命Jリーグへ改称!何故なのか? [スポーツ]

明治安田生命.gif

15日、Jリーグは、明治安田生命保険相互会社と「Jリーグ
タイトルパートナー契約」を締結したと発表しました。


これは2015年度より新設される制度で、2015シーズン~
2018シーズンまでの4シーズンの契約となります。


この契約締結により、明治安田生命保険相互会社はJ1、J2、
J3各リーグのタイトルパートナーとなります。


従来の「Jリーグディビジョン1」「Jリーグディビジョン2」から、
「明治安田生命J1リーグ」「明治安田生命J2リーグ」に改称されるのです!


ものすごい違和感です・・・。


明治安田生命の社内サッカー大会のような響きです。


しかし、これは世界の潮流でもあります。


すでに他のスポーツで同様な事例が見られます。

 ターキッシュエアラインズbjリーグ

 日本生命セパ交流戦

 LAWSONクライマックスシリーズ

 SMBC日本シリーズ


そして、アジアのサッカーではもはや常識だったりします。


アジア各国のトップリーグスポンサー例

ロシャン・プレミアリーグ(アフガニスタン): 通信会社

アジア・コール・プレミアリーグ(イラク): 携帯電話会社

BV Sport・スーパーリーグ(インドネシア): スポーツ用品会社

ヒュンダイ・Aリーグ(オーストラリア): 自動車会社

オマーンテル・リーグ(オマーン): 通信会社

Metfone・Cリーグ(カンボジア): 通信会社

現代オイルバンクKリーグクラシック(韓国): 石油会社

アブドゥッラティーフ・ジャミール・リーグ(サウジアラビア): 総合商社

ダイアログ・チャンピオンズリーグ(スリランカ): 通信会社

トヨタ・タイ・プレミアリーグ(タイ): 自動車会社

メディアテック・インターシティ・フットボールリーグ(台湾): 半導体会社

中国平安保険・中国サッカー・スーパーリーグ(中国): 保険会社

マーティアズ・メモリアル・レッドブル・Aディヴィジョンリーグ(ネパール): 飲料会社

ニトル・タタ・バングラデシュ・プレミアリーグ(バングラデシュ): 自動車会社

デジセル・東ティモール・サッカーリーグ(東ティモール): 携帯電話会社

Eximbank・Vリーグ(ベトナム): 銀行

アストロ・マレーシア・スーパーリーグ(マレーシア): テレビ局

アル・マナースィール・ヨルダン・プロリーグ(ヨルダン): 総合商社


もちろん、サッカー先進国でも同様です。

バークレイズ・プレミアリーグ: 銀行

リーガ・BBVA: 銀行


だったら納得です。


慣れの問題なのでしょう。


しかし、何故、明治安田生命なのでしょうか?


Jリーグ側が明治安田生命を熱心に口説いたようですが、
他に手を挙げる企業があってもよさそうです。


Jリーグのファンが減っていることと、観戦者の高齢化が
進んでいることに関係がありそうです。


Jリーグファン数の推移

2008年 1677万人
2009年 1648万人
2010年 1521万人
2011年 1416万人
2012年 1245万人
2013年 1216万人
2014年 1197万人


Jリーグ観戦者年齢分布の推移

2001年~2013年の推移

11~18歳 12.0% → 6.7%
19~22歳 11.4% → 6.5%
23~29歳 26.2% → 11.8%
30~39歳 28.9% → 23.6%

40~49歳 13.2% → 28.4%
50歳以上  8.3% → 23.1%


若者のJリーグ離れが進み、高齢化向けコンテンツとなりつつある
ことから、生命保険が選ばれたということなのでしょうか?


何ともシュールです・・・。


ちなみに、英語は「MEIJI and YASUDA J LEAGUE」とやや短め
ですので、こちらのほうが普及していくのかもしれません。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。