So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカで大人気! クリームリキュール「ラムチャタ」とは? [時事]


「オルチャタ」という飲料をご存知でしょうか?


かやつり草の地下茎や米を主原料に、砂糖やシナモンを加えた
甘い風味が特徴の飲料で、中米諸国を中心に広く飲まれています。


これにヒントを得た、ラムベースのクリームリキュール「ラムチャタ」
が、アメリカで大人気です。

ラムチャタ.jpg


「ラムチャタ」は、2009年、バーボンで有名なジムビーム社から、
オルチャタ風味のリキュールとして発売されました。


1本25ドル(約3000円)となかなかのお値段ですが、アメリカの
クリームリキュール市場でシェア20%を獲得しています。


アイルランドの「ベイリーズ」を抜き、首位に躍り出ているのです。


そして、2014年春には販売量が100万ケースに達しました。


何故、「ラムチャタ」は人気が出たのでしょうか?


「オルチャタ」をよく知る中米諸国の人がアメリカには多いと言う
事情はあるでしょう。


とは言え、甘いものに目のないアメリカ人が認めたのですから、
本当においしいのでしょう。


購入者の「It is very surprisingly good!」という声もあります。


一般的にクリームリキュールは女性に人気ですが、ラムチャタは
男性にも人気があるのが特徴です。


コーヒーやウィスキーにまぜるなど、いろいろアレンジできる点が
幅広い客層に受けています。


これなんか絶対おいしいです。

Mocha_Latte_Cold_3.png


Ingredients
1 part RumChata
Splash Irish Whiskey
1 Part Patron Cafe XO

Directions
Pour chilled Patron Cafe XO into shot glass.
In a shaker, add a splash of Irish Whiskey to RumChata and shake vigorously.
Layer on top of Patron Cafe XO.


まあ、「ラムチャタ」はまだ日本に入ってきていないので、
作り方を学んだところで飲めないんですが・・・。


アメリカではあまりの人気に一時は生産が追い付かず、1人1本まで
の購入制限がついたり、偽物が出回ったりと大変だったようです。


日本でも少しずつですが、個人輸入で入ってきてはいるようです。


もっとも、ジムビーム社はサントリーが買収した会社ですから、意外と
早く、来年には日本でも販売されるかもしれません。


来年のブームになるかも・・・。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。