So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦 GPファイナル圧勝で連覇!何故強いのか?(動画あり) [スポーツ]

14日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(バルセロナ
で、羽生結弦選手(20)が日本男子初の連覇を果たしました。


しかも圧勝です。


五輪金メダリストの翌シーズンのGPファイナル制覇は史上初です。


中国杯では衝突アクシデントで2位、NHK杯4位と苦しみましたが、
最後の大舞台で王者の本領を発揮してくれました。


素人でも明らかに分かる異次元の滑りでした。


何故これほど強いのでしょうか?


まず、若いという点が挙げられます。


羽生選手は、1994年〈平成6年〉12月7日生まれです。


この完成度でもまだ成長途中なのです!


そして、背が高いので(171cm)、演技が映えます。


どんなに難度の高いプログラムでも、せわしなくなりません。


もちろん、柔軟性も見逃せません。


バランス感覚に優れ、四回転の精度の高さにつながっています。


また、おっとりとしていながら周囲に気を遣う優しい性格も演技に
華を添えているような気がします。


負けず嫌いでありながらガツガツしておらず、全てが優雅なのです!


近年の採点の厳格化でフィギュアのスポーツ色が強まる中、羽生選手
は、スポーツ性と芸術性を両立できている数少ない選手のひとりです。


四回転をこれだけ優雅に飛べるのは羽生選手だけでしょう。


また、仙台で大震災を経験したというストーリー性も見逃せません。


ストーリー性があってこそ、人々は共感するのです。


まさに驚異の20歳です。


羽生選手の今後の活躍が期待されます!


ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2014. FS. Yuzuru HANYU




GPファイナル・男子

1 Yuzuru HANYU  JPN  288.16

2 Javier FERNANDEZ  ESP  253.90

3 Sergei VORONOV  RUS  244.53

4 Maxim KOVTUN  RUS  242.27

5 Takahito MURA  JPN  235.37

6 Tatsuki MACHIDA  JPN  216.13





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。