So-net無料ブログ作成
検索選択

東京・大手町の再開発発表! 「将門の首塚」はどうなる? [時事]


11日、三井不動産などは、東京・大手町の三井物産本社ビル、
旧プロミス本社ビルなど3棟の再開発を発表しました。


計画では、2万900平方メートルの敷地に41階建て約200mと
30階建て約160mのビルが建設されます。


新しいビルには、オフィスやホテル、コンサートもできる多目的
ホールが入り、投資額は約1,700億円だそうです。


気になるのは都内最強のパワースポット「将門の首塚」ですが、
今回の計画外とされ、周囲は緑地となるそうです。


「将門の首塚」には、戦後、撤去しようとしたGHQ(連合国軍総司令部)
の重機が横転した」など、たくさんの言い伝えがあります。


東京都指定の文化財で、敷地は都の所有です。


平安時代の武将、平将門の飛んできた首をまつったとされています。


伝承では、将門の首級は平安京に送られ、都大路で晒されましたが、
3日目に故郷に向かって飛んでゆき、数カ所に落ちたとされています。


その中でも最も有名なのが、東京都千代田区大手町一丁目2番1号外
にある首塚なのです。


首塚の境内には所狭しと多数の蛙の置物が奉納されています。


将門の首が京から飛んで帰ったことから、必ず「帰る(カエル)」にひっかけ、
伝承で次の二つの利益があるとされています。

1.左遷になった会社員が、元の会社に無事に戻ってこられる。
2.誘拐されたり、行方不明になった子供が無事帰ってこられる。


科学万能の現代社会においても神聖な場所とされる「将門の首塚」、一度、
訪れてみる価値がありそうです。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。