So-net無料ブログ作成
検索選択

【米軍進路予想】台風18号(ファンフォン)が急速強化で日本直撃? [気象]

台風18号④.gif

台風18号(ファンフォン)は、1日から2日にかけて急速に発達し、大型で
非常に強い台風となりました。


3日午後6時時点で、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速
は70メートルとなっています。


この急速な発達は強力な台風に特有の「急速強化」と呼ばれる現象で、
専門家は「暴風と大雨、突風に警戒や注意が必要だ」と指摘しています。


先月29日に発生した台風18号は、1日から2日にかけて中心の気圧が
975から935ヘクトパスカルに低下、急速に勢力が強くなりました。


中心の気圧が24時間で40ヘクトパスカル前後も下がる現象は専門家の
間で「急速強化」と呼ばれ、強力な台風に特有の現象として知られています。


台風は、海面の水温がおおむね26度以上の場合に発達しますが、台風の
風で海水がかき混ぜられ、水温が下がり、それ以上は発達しにくくなります。


しかし、今回、台風18号が急速に発達した海域は海面の水温が30度近くあり、
水深100メートルでも25度以上のところが多かったようです。


つまり、海水がかき混ぜられても水温があまり下がらなかったため、急速強化
が起きたということになります。


3日午後6時現在、台風18号は日本の南の海上にあち、時速15キロの速さで
北西へ進んでいます。


今後、5日(日)には西日本に接近し、進路次第で上陸のおそれもあります。


本州付近には前線があるため、台風が近づく前から、西日本や東日本では
太平洋側を中心に大雨となる所がありそうだです。


5日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州
南部が2~300ミリ、西日本・東日本・沖縄地方1~200ミリです。


土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、早めの台風対策
を講じる必要がありそうです。

【関連記事】2014年 台風18号 米軍の進路予想が伊勢湾台風に!
http://extremejapan.blog.so-net.ne.jp/2014-10-01



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。