So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年 台風18号 米軍の進路予想が伊勢湾台風に! [気象]

台風18号.jpg


上図は気象庁の台風18号の進路予想図です。


29日午後3時にトラック諸島で発生した台風18号は、1日現在、
発達しながら日本のはるか南を進んでいます。


名前は「ファンフォン」でラオスが用意した「動物の名前」です。


1日午後6時現在、マリアナ諸島を時速25キロの速さで北西に
進んでおり、中心付近の気圧は975ヘクトパスカルです。


台風は海面水温の高い海域を進むため、今後も発達を続けながら
日本列島に近づく見込みです。


気象庁の進路予想では、6日(月)に九州直撃の恐れがあります。


しかし、米軍の進路予想では気象庁の予想よりも急カーブで東へ
進路を変えるようです。


週明け6日には西日本から東日本の太平洋側に接近するおそれ
があるとされています。


台風18号③.gif


そして、その予想ルートが1959年の伊勢湾台風に似ているのでは
いうことで話題になっています。


台風18号②.png


伊勢湾台風は、死者4,697名、行方不明者401名、負傷者
38,921名という非常に大きな被害を出した台風でした。


伊勢湾台風より南よりですが、たしかに軌道は似ています。


米軍の進路予想のほうが精度が高いとされるだけに心配です。


台風18号の勢力は3日には950ヘクトパスカルにまで達すると
見込まれており、厳重な注意が必要となりそうです。


【関連記事】【米軍予想】台風18号(ファンフォン)が急速強化で日本直撃?
http://extremejapan.blog.so-net.ne.jp/2014-10-03



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。